ドM女を緊縛調教して雌奴隷にしてあげましょう!SM緊縛画像と写真の撮り方

HOME » ネットでの出会い » ドM女を緊縛調教して雌奴隷にしてあげましょう!SM緊縛画像と写真の撮り方
◆人気ランキング◆
第1位:アフター系
アフター系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第2位:ソフトサービス系
ソフトサービス系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第3位:出会い系
出会い系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第4位:モデル系
モデル系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第5位:在宅系
在宅系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら

ドM女を緊縛調教して雌奴隷にしてあげましょう!SM緊縛画像と写真の撮り方

ドMの女の子に出会ったら、どんどんSMプレイを楽しみましょう。SMプレイの中の一つに緊縛プレイがありますが、SMと言ったらこれというくらいにポピュラーです。緊縛するなら写真に収めるのもおすすめです。写真を撮られることで女の子の羞恥心もさらにアップして、プレイも盛り上がるはずです。

カメラの基本的なテクニックはマスターすべし

緊縛写真をそれなりにきれいに撮りたいと思うのであれば、やはりカメラの基本的なテクニックはマスターしておいた方がいいです。最近ではスマホでも十分鮮明な写真を撮影できます。でも仕上がりにこだわるのであれば、カメラを使うのがおすすめです。そして撮影する際にはフルサイズセンサーのカメラを買い求めるのが個人的にはおすすめです。

APS-Cセンサーのものと比較して、センサーの面積が広くなるからです。その結果、より広範囲にわたっての撮影が可能です。その他にも暗所の撮影に強みを持っているのとグラデーションも細かく再現できるので、仕上がりがより美しくなります。

画像のフォーマットですが、ポピュラーなのはjpegを使っている人も多いかもしれません。しかしいざ出来上がった画像を補正しようと思った時にjpegは制約が多いので不便します。そこで個人的におすすめしたいのがRawです。こちらの形式の方が補正の自由度がアップします。Rawの場合、画像のファイルサイズがかなり大きいのがネックではあります。しかしストレージの価格は下落傾向なので、そこまで大きなコストにはならないと思います。

暗い部屋で撮影するのがおすすめ

もし緊縛画像を撮影するのであれば、照明を落として暗い部屋で行うのがいいでしょう。すると女性の肌とのコントラストがより鮮明になります。すると被虐性や凌辱性が増します。そしてはだけた服からこぼれる柔肌が何とも言えない隠微なムードを醸し出してくれます。

縄についてはノーマルなものでもいいでしょう。ただ鮮明さにこだわりたいと思うのであれば、赤い縄を使うといいでしょう。部屋の暗い黒と赤という目立つ色合いによって、金額された女性の美しさがより引き立つからです。

まとめ

今回はM女を緊縛して写真撮影するときのコツについて、いくつかピックアップしてみました。いきなり満足いく写真は撮影できないかもしれません。その場合にはプロの緊縛画像をチェックしてみるのも一考です。プロの写真はネット上で数多くアップされています。こちらを参考にして、彼女とあれこれ撮影して楽しんでみませんか?